SSブログ

タカタ製のエアバッグ問題、マツダの調査リコールが行われる車種は? [経済]

 タカタ製のエアバッグが問題となり、マツダは12月12日、日本でも調査リコールを実施する
事を決めました。対象台数は最大約5万2000台。
車種は2004年から2008年までの間に生産された「アテンザ」と「RX-8」の2つの車種です。

この調査リコールが行われた背景には、大手の自動車部品メーカー「タカタ」のエアバッグ
の問題があります。

それでは、「タカタ」製のエアバッグのどこに欠陥があったのか説明します。
話の始まりは米国での事故になります。
「タカタ」せいのエアバッグが作動時に金属の部品が飛び散り、それが原因で
米国で死亡事故が発生した、ということがあったのです。
これを受けて、いち早く自動車メーカー「ホンダ」は自動車のリコールを行ったが、
今回、自動車メーカー「マツダ」も米国でのリコール、および日本国内でのリコールを行うという事です。

今回、安全性の面で信頼が置かれていた日本メーカーでの不具合であることで、世界中に波紋が広がっています。

自動車部品メーカー「タカタ」は今回のリコールで、エアバッグやチャイルドシートに関する
リコール費用として約450万円の特別損失が出てしまう見込みと発表しています。


しかし、損失の額面の問題というよりかは
安全で高品質であるという日本車のイメージを崩してしまわないためにも、
今回の問題に対して自動車メーカー、自動車部品メーカー共にシビアに
取り組んで行かなければならないでしょう。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます